06. September 2020 - 14:00 till 16:00
あざみ野スペースナナ, Yokohama
Share it on:

9/6(日)いま困難を抱える家庭に食料品を届けよう フードパントリーの活動から | Sunday, 06. September 2020

コミュニティカフェ・スペースナナの連続講座Part9(2020年度)

「コロナのあとも<居場所>であり続けるには」



【第3回】9/6(日)いま困難を抱える家庭に食料品を届けよう〜フードパントリーの活動から



●日時:2020年9月6日(日)14:00 ~ 16:00

●ゲスト:松田妙子さん(せたがやこどもフードパントリー実行委員会共同代表・NPO法人せたがや子育てネット)



世田谷区で子育て支援に取り組み、市民版子ども・子育て会議、子育てひろば、子ども食堂の運営など、地元密着の多様な活動を続け、子育て支援者の養成やコーディネーターとしても活躍してきた「せたがや子育てネット」の松田妙子さん。



コロナにより学校は一斉休校となり、子育てひろばや子ども食堂も休止せざるえない中、地域の仲間たちと協力していち早く「せたがやこどもフードパントリー」を立ち上げます。寄付を募り、4月から6月まで毎日、区内4つの拠点で、150家族・300人余りの子どもたちに食料品の配布を続けました。



コロナによる混乱の中でとりくんだこと、考えたこと、気づいたこと、そして私たちが地域でできる支援について、松田さんにお話を伺います。



・NPO法人せたがや子育てネット  https://www.setagaya-kosodate.net/

・せたがやこどもフードパントリー

https://www.facebook.com/foodsetagaya/



●参加費 :1回1,000円

●定員 : 毎回12人(要予約・連続して参加の方を優先します)

*できる限りの感染予防をしながら、人数を制限して開催します(消毒・手洗い・マスク・検温などにご協力ください)。

*誰もが安心して暮らせる地域づくりのために何かしたいと思っている方、居場所をつくりたい方など、ぜひご参加ください。



●会場 :スペースナナ

●お問合せ・お申込み

申込方法:以下の内容を添えてメール、FAX、郵送等でお申し込みください。

(1)お名前

(2)連絡先

(3)所属 ※お仕事や活動など

(4)応募動機(この講座に何を期待しますか)

(5)参加申込の講座(すべてお書きください)



申込先:NPO法人 スペースナナまで↓

tel:045-482-6717  fax:045-482-6712

E-mail:email





地域でゆるやかに支えあう場をつくろう

~コミュニティカフェ「スペースナナ」の連続講座Part9(2020年度)



コロナのあとも<居場所>であり続けるには



コロナの前後では<風景>が一変し、もはやコロナ前にそのまま戻ることができない私たち。人と人がつながるという意味さえ変わってきてしまっている今、地域で<居場所>としてあり続けるには何が必要とされているのでしょうか? 



人々が集まることが制約された状況のもとで、場を開き続け、あるいは相談機能や情報、物資の提供を途切らせることなく、地域の<居場所>であり続けた方たちのお話をうかがい、この時代に地域の<居場所>であることの意味を問い直したいと思います。

関心のある方は是非ご参加ください。



【第1回】生活を支える支援を考える〜もし自分が当事者になったら

●日時:2020年7月19日(日)14:00 ~ 16:00

●ゲスト:根本真紀さん(ソーシャルワーカー)



【第2回】子どもたちの安心で安全な場を開き続ける

〜やりたいことがとことんできる、でも何もしないことも保障される場所〜

●日時 :2020年7月25日(土)14:00 ~ 16:00

●ゲスト:西野博之さん(NPO法人フリースペースたまりば理事長)



【第3回】いま困難を抱える家庭に食料品を届けよう〜フードパントリーの活動から

●日時:2020年9月6日(日)14:00 ~ 16:00

●ゲスト:松田妙子さん(せたがやこどもフードパントリー実行委員会共同代表・NPO法人せたがや子育てネット)



*この事業はよこはまふれあい助成金により実施しています。